• ホーム
  • クリニック紹介
  • 診療科目
  • 健康診断
  • 自由診療
  • アンチエイジング
  • 企業様へ

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法は、目的によって用量、頻度が異なります。

 1)がん治療補助の場合

 2)アンチエイジング、がん予防などの場合

それぞれについて御案内いたします。

1)がん治療の場合

 2005年にアメリカ国立健康研究所、国立ガン研究所、国立食品医薬品局の科学者達は共同で

「高濃度のビタミンCはガン細胞を殺す」という論文をアメリカ科学アカデミー紀要に発表しました。

続いて、2006年3月には高濃度ビタミンC点滴療法で長期生存を続けている3人のガン患者さんについてカナダ医師会雑誌に論文が発表されました。さらに2007年には「高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL (生活の質)を改善する」と韓国医師会雑誌に論文が発表されています。そして、現在はアメリカやカナダの多くの医師らが高濃度ビタミンC点滴療法をガン患者に行うようになり、この治療を受ける患者の数は急増しています。

 研究面でもカンザス大学、ジェファーソン大学、アメリカの民間ガン専門総合病院グループはそれぞれアメリカ国立健康研究所の認可を得て卵巣ガン、悪性リンパ腫、すい臓ガン、末期ガンに対する高濃度ビタミンC点滴療法の効果について臨床研究が開始もしくは予定され、韓国では白血病に対する臨床研究が始まっています。

 

 高濃度ビタンC点滴療法が適応となるのは (1) 標準的ガン治療が無効の場合、(2) 標準的ガン治療の効果をより確実にする、(3) 標準的ガン治療の副作用を少なくする、(4) 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる、(5) 代替治療としを希望する場合などです。有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
この治療が有効なガンの種類についてはまだ研究段階です。

詳細は下記のパンフレットをご覧ください。

 

HP用点滴療法について2.pdf
PDFファイル 11.0 MB

2)アンチエイジングの場合

 ビタミンC の効果はじつにたくさんあります。肌の張りを保ち、シミや小ジワを防ぐ。風邪などのウイルスや細菌の感染症を予防する。その他にも、ストレスを和らげる、血中コレステロールを下げる等がありますが、美肌にとってもっとも重要な役割は、コラーゲンの生成のサポートです。コラーゲンの生成にはビタミンCが不可欠です。
また、ビタミンCは余分に摂取しても尿から排出されますので、副作用がありません。逆に、体に貯めておくことが出来ないので、定期的に充分摂取する必要があります。

詳細は下記のパンフレットをご覧ください。

HP用アンチエイジング向け点滴.pdf
PDFファイル 466.0 KB